商品紹介 加工備品

ブロッキングパッド(レンズロックテープ)

item_roll_and_seat.jpg

 

ブロッキングパッド item27_01_adv.jpg

item27_01_02.jpg item27_tpbl.jpg

ブロッキングパッド ブロッキングパッド

商品の特徴・仕様など

  • レンズをしっかりと固定します。
  • レンズ面に加工時の後が残りません。
  • レンズ加工時の回転、軸ずれを防止します。
  • レンズ加工時の不良率が減少します。
  • 無駄なコストと時間を大幅に削減します。

サイモン(セキュア)パッド

全く新しいタイプのブロッキングパッド

item_se.jpg

セキュアパッドの構造は?~強さの秘密は特殊3層構造~

セキュアパッドの構造は?~強さの秘密は特殊3層構造~

商品の特徴・仕様など

  • 全く新しいタイプのブロッキングパッド「サイモン(セキュア)パッド」
    3層からなる特殊構造により補強されたパッド材のため、引っ張りや回転に強くなっています。
    強度が高いミクロン単位のウレタン発泡材の真中に安定化フィルムを取り入れた事で、レンズ加工時のスリップや軸ズレを防止します。
    また、ウレタン発泡材のソフトなパッドはすべてのレンズ表面に優しくフィットします。
    新開発アクリル系粘着剤が、レンズを強力にグリップします。
    0.8mm厚の新素材パッドは、すべてのレンズカーブに対応可能です。
    レンズ加工後は、パッドをきれいに剥がす事ができ、粘着剤は残りません。
    レンズ加工時のミスを未然に防ぎ、経費削減に大きく貢献します。

アドバントエッジ

スタンダードブロッキングパッド

item_ad.jpg

商品の特徴・仕様など

  • zu-1.jpg
  • パッド基材に高密度材を使用することにより、レンズ表面カーブとの密着性と回転方向/縦横方向へのズレ防止に優れています。
  •  特殊粘着剤の使用により、温度変化に強く優れた保持力を発揮します。 
  • 撥水レンズ加工時には1枚で加工可能です。 
  • 超撥水レンズに対しては保護シールを使用することで安心な加工ができます。 

ブルーエッジ・パッド

ソフトな素材を採用、ハイカーレンズにもピッタリフィットする、ブロッキングパッド。

item_blue.jpg

商品の特徴・仕様など

  • zu-1.jpg
  • シール本体の素材には、高伸縮性があり、高密度の素材を使用しています。
    これに特殊な糊を組み合わせることで、レンズとチャックの両方にピッタリと密着します。
    ダブルタブ(糊なし部分)を設けているため、シールの取り外しが非常に容易になっております。

TPブルー

新形状パッド

item_tp.jpg

商品の特徴・仕様など

  • zu-1.jpg
  • シール本体の素材には、高伸縮性があり、高密度の素材を使用しています。
    これに特殊な糊を組み合わせることで、レンズとチャックの両方にピッタリと密着します。
    ダブルタブ(糊なし部分)を設けているため、シールの取り外しが非常に容易になっております。

ハイドロエッジ

超撥水コートレンズ対応ブロッキングパッド

item_sh.jpg

 

商品の特徴・仕様など

  • ハイドロエッジは、「ブルーエッジ・パッド」の上位品です。
    ブルーエッジ・パッドに比べ横方向への力に対して強い吸着力を発揮し、加工時の軸ズレ防止効果が高くなっております。

ハイドロエッジと保護シールの使用手順 (超撥水コートレンズ対応)

ハイドロエッジと保護シールの使用手順

使用手順

  • ハイドロエッジ(以下、パッド)の台紙よりパッドを剥がし、パッド裏面(白タブ面)をカップに貼ります。
  • カップを軸打ち機にセットして、超撥水コートレンズ(以下、レンズ)に装着してください。
  • 保護シールに皺がないようにレンズ凹面側へ貼ってください。
  • 玉摺機(エッジャー)にセット済みカップを取り付けてご使用ください。

※レンズよりカップを外す際は、専用工具のご使用をお奨めします。

セキュアエッジ・プラス

超撥水コートレンズ対応ブロッキングパッド

item_sp.jpg

商品の特徴・仕様など

  • 超撥水コートレンズの軸ズレ防止効果があります。
    また、超撥水コートレンズ以外にも対応が可能です。

セキュアエッジ・プラスの使用手順 (超撥水コートレンズ専用)

セキュアエッジ・プラスの使用手順

使用手順

  • セキュアエッジ・プラス(以下、パッド)の台紙よりパッドを剥がし、パッド裏面をカップに貼ります。
  • カップを軸打ち機にセットして、超撥水コートレンズ(以下、レンズ)に装着してください。
  • 保護シールに皺がないようにレンズ凹面側へ貼ってください。
  • 玉摺機(エッジャー)にセット済みカップを取り付けてご使用ください。

※レンズよりカップを外す際は、専用工具のご使用をお奨めします。

お電話、FAXでのお問い合わせ

お電話、FAXでのお問い合わせ

迷惑メール防止設定をされている方は、「simon-as.co.jp」を受信可能ドメインに設定してください。

商品についてのお問い合わせ当社及び商品へのリクエスト